テーマ:

まど・みちお 『 でんでんむしのハガキ 』  (語り45)

どうも、春近くなると まどさんの詩が読みたくなりまする 前回は弥生3月、巣立ちの季節に2編の詩を語りましたん あれから、あっというまに早1年がたっちまったか・・・ 立春2月・・・今年の一発目は 90過ぎの御大・まど氏、そのいぶし銀の世界を 語ってみたくなりましたん 高橋まゆみさんの人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まど・みちお 2編の詩 (語り43)

毎週月曜日の読みボラ 小学校最後となる6年3組のみんなに贈った詩を、ここに・・・ 『 くまさん 』  (33秒) 『 ぼくがここに 』  (52秒) 『 語り 』 へのお言葉は本館コメント欄(←クリック)に お願いいたしまする <(_ _)> 関…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

茨木のり子追悼集 (語り42)

茨木のり子様のご命日だから・・・ 詩集 『 おんなのことば 』 より、数編を語りませう 『 一人は賑やか 』  (1分18秒) 『 十二月の詩 』  (43秒) 『 夏の声 』  (1分48秒) 『 女の子のマーチ …
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

『 黙祷 』 (語り40)

6月まで待てなくて、ジョンの命日に飾ります 『 6月23日、黙祷 』  作:Cocco 桜が散って、ツツジが終り、 デイゴが落ちたら梅雨が来て、 夏に向かって雲が走り出す頃、慰霊の日がまたやって来る。 私がバレリーナを夢見て 沖縄を飛び出した95年、 糸満市に、戦没者の霊を慰める “平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『 拝啓 獏 殿 』 (語り38)

沖縄出身の山之口 獏さんは、吾の大好きな詩人である 19歳で上京したものの、都会は厳しいばかりで・・・ 経済的に苦しい日々を強いられながら 土管や、公園のベンチをネグラとしたことも・・・ けれど、どん底にあっても、獏さんの詩は どこか、ユーモアがあって、そうして何より、逞しかった 『 自己…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『 母と子 』 (語り32)

『 母と子 』  (take 1) 『 母と子 』  (take 2) 『母と子』へのお言葉は本館コメント欄(←クリック)へと お願いいたしまする <(_ _)>
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

朝の詩 リクエスト作品 一挙公開!

『朝の詩』朗読に寄せて・・・ 産経新聞のトップ上覧に、毎日掲載される『朝の詩』 一般の方からの投稿詩には 人々の暮らしが垣間見えて、なんだか妙にしみじみと響いてまいります だから・・・未熟なりにも『朝の詩』 語らせて下せーましね ってことで、3/12~4/13まで、連続5週に渡り …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『 本当の林檎 』 (語り30)

『本当の林檎』  作 ミヒャエル・エンデ 世に知られる文士がひとりいた がんこなリアリスト 簡単なものを書こうときめた あるがままにと・・・ さてさて、続きは・・・語り音声で謎解きを・・・ 『 本当の林檎 』 (語り30) ↑クリックで本館記事へジャンプ …
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

『 エンデのメルヒェン3部作 』 (語り 29)

エンデの『影の縫製機』より 3つのメルヒェンの ハジマリ ハジマリ・・・ 『 例外 』  『 実に呆気ないメルヘン 』  『 小さな小人 』  『 エンデのメルヒェン3部作 』 (語り 29) ↑クリックで本館記事へジャンプ
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

『 千の風 once more 』 (語り28)

BGMは、坂本九さんのトリビュートアルバムより ディック・リーが歌う『SUKIYAKI』 BGMは、宮崎駿オルゴール集より 『いつもなんどでも』 『 千の風 once more 』 (語り28) ↑クリックで本館記事へジャンプ
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

【 生ましめんかな―原子爆弾秘話 】(語り18)

シズシズと・・・シュクシュクと・・・ 心シズカニ・・・ されど、祈りは・・・ あの日のホノヲのごとくたぎらせて・・・ 今一度・・・テレサのあの言葉を心に唱えて・・・ “ 言葉が多すぎます ” 61回目の祈りの日は、なんともお粗末な言葉が飛び交う日となりました 願いは、たったひとつのはず・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『春の交通安全宣言!』(語り15)

己は、安全対策万全なのか? いつ凶器ともならん鉄の塊を操る己もまた いつ加害者になるかもわからんのや・・・ あの日から、すべてが狂った時間の中で いまだ時を刻めずにいる被害者の方々と 交通被害で尊い命を失ってしまった全ての御霊へと つつしんで哀悼の意を表します 【 朝 】 【 街で…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

『 汲む 』 (語り10)

【 汲む (語り10)】 【この詩に寄せる茨木のり子さんの手記より】 『 汲む 』 (語り10) クリック↑で本館記事へジャンプ
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more