『春の交通安全宣言!』(語り15)


己は、安全対策万全なのか?

いつ凶器ともならん鉄の塊を操る己もまた

いつ加害者になるかもわからんのや・・・

あの日から、すべてが狂った時間の中で

いまだ時を刻めずにいる被害者の方々と

交通被害で尊い命を失ってしまった全ての御霊へと

つつしんで哀悼の意を表します


【 朝 】



【 街で 】



【 おやすみ 】




詩:蓬莱泰三



飲酒運転撲滅運動に、徹底的に声をあげまする!


こちらも是非、クリックを!→交通事故被害者・遺族のHPリンク集



画像



【参考】
刑法第208条の2(危険運転致死傷罪)               

アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態で四輪以上の自動車を走行させ
よって、人を負傷させた者は十年以下の懲役に処し
人を死亡させた者は一年以上の有期懲役に処する。
その進行を制御することが困難な高速度で、又はその進行を制御する技能を有しないで
四輪以上の自動車を走行させ、よって人を死傷させた者も、同様とする。
2 
人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し
その他通行中の人又は車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で
四輪以上の自動車を運転し、よって人を死傷させた者も、前項と同様とする。
赤色信号又はこれに相当する信号を殊更に無視し
かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で四輪以上の自動車を運転し
よって人を死傷させた者も、同様とする。


刑法第211条(業務上過失致死傷罪・自動車運転過失致死傷罪等)
1 
業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は
5年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。
重大な過失により人を死傷させた者も、同様とする。

自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は
7年以下の懲役若しくは禁錮又は100円以下の罰金に処する。
ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる。

注:自動車の運転に起因する人身事故は、上の規定の適用となり
   自動車による人身事故では、「業務上」という言葉は消滅する。

           

『秋の交通安全宣言!』(語り15)←クリックで本館記事へジャンプ



"『春の交通安全宣言!』(語り15)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント