この記事へのコメント

猿心(えんしん)
2007年01月26日 15:11
「語り17」にコメントを入れましたが、
お気づきにならなかったらいけないので、
再度こちらにカキコ致しました。
2007年01月26日 15:14
ほい!気付いたから、レスしといたジョ~
ちみのサイトにも書いたがの^^
このお話も、好きでっか?
美笛です。
2007年02月22日 13:50
弥々姐さんの声だけのほうがいいのでは?後ろのBGM高すぎて、朗読に集中するのが難しかったです。
2007年02月22日 13:57
本来、BGMを多用するのは好きではないんだが・・・
このお話の主人公の生き様が、あまりにも素晴らしすぎて
吾の語りだけでは伝えきれない思いもあり
ひとつの作品に仕上げたくて、BGMの力を借りましたん^^
だから、音楽が耳に入ればそれでええのです
朗読に集中できなかったのは、吾の語りの力のなさでしょう
すんまへんなぁ・・・
そんなことないです!!
2007年02月22日 17:22
私は弥々姐さんの声が好きやから、
たぶんそう感じたのやろな。
2007年02月23日 10:14
そんなことないです!!さんへ
おもろいHNじゃのう^^
これこれ、気を使うでないジョ^^
BGMが有名な曲すぎるからな
どうしたって耳に引っ掛かるよのう^^
それも狙いでしたん!
知ってる曲だと、それだけで
聞き手の興味を惹きつけられるじゃろ^^
ここまで聴きにきてくれるちみのような方なら別だが
本館に集う方々には、語りそのものより
作品の雰囲気を楽しむ方が多いからのう^^
実際に、本館のコメ欄も
『涙そうそう』に寄せるコメが多かった
美笛です。
2007年02月23日 14:50
うちの亡祖母は、
学校こそ行けなかったものの、
編み物や、
お嫁さんの着付けまで、
できたそうです。

妹をおぶって、
学校へ通ったそうです。
2007年02月28日 20:40
美笛です。さんへ
昔の女性は、皆、手仕事をあたり前のように
やられましたよのう
ご葬儀でも、80代以上の女性の話には
よう聞かれまする^^
ほんとうにのう・・・
昔の方々は、なんて素敵な生きざまでせう・・・
憧れであり、尊敬一言につきまする
吾には・・・真似できない・・・
そういうところに、ちっぽけなジブンを感じて
カナシイのう・・・

この記事へのトラックバック