【 生ましめんかな―原子爆弾秘話 】(語り18)

シズシズと・・・シュクシュクと・・・

心シズカニ・・・

されど、祈りは・・・

あの日のホノヲのごとくたぎらせて・・・

今一度・・・テレサのあの言葉を心に唱えて・・・

“ 言葉が多すぎます ”

画像


61回目の祈りの日は、なんともお粗末な言葉が飛び交う日となりました

願いは、たったひとつのはず・・・

今、必要なメッセージを埋もれさせてはならない

61回目の祈りもまた、途切れぬ時と共に

いつまでも、いつまでも、吾の心に脈打ちますように・・・





【 生ましめんかな―原子爆弾秘話 】←クリックで本館記事へジャンプ

画像


この記事へのコメント

美笛です。
2007年03月02日 05:11
吉永小百合さんが語って有名になったこの詩。(と、我は記憶しておりますが)

広島のあの広い空。

しずかに歩いた街並み。

原爆とは切っても切り離せぬ宿命の土地。

ああ、
それでも、ひとは輝き、鳥は鳴き、花は咲く。

墓標ひとつ、ひとつに頭を下げて、
祈りました。

戦争は、いかん。
科学は、諸刃の矢です。


2007年03月02日 17:03
美笛です。さんへ
王道の朗読・・・実は耳にしてないんだ・・・敢えてね^^
聞いてしまったら、語れなくなっちまいそうやから・・・
でも、吾の『生ましめんかな』があってもええはず・・・
多くの方が、声にして
世間に訴えることが必要な詩であると思ったから・・・
平田早苗
2017年12月07日 19:40
Twitterから辿ってきました。一昔前にも訪問してましたが、あらためて聞いて、とても良かったです。涙出てきました。
弥々
2017年12月08日 15:44
SANAさんへ^^
ご無沙汰つづきで…
字幕事業も順調のご様子…先日、何の映画か失念しましたが
貴社の名前が字幕制作で記されたのを、エンドロールで見つけましたっけ^^
私は、相変わらず映画大好き人でして
子育て一段落の今は、ひと月10本平均で鑑賞してまする
もっぱら映画館でね^^唯一の道楽ですねん
恥ずかしい青い語りに、耳を寄せて頂き、嬉しかった
ありがとうございまする^^

この記事へのトラックバック