この記事へのコメント

美笛です。その1
2007年03月08日 02:31
感情を抑えて淡々と読みなさる弥々姐さまがかっこええです!!我はまだまだ修行が足りんです。反省)
美笛です。その2
2007年03月08日 02:34
茨木のり子さんの手記を聴いて、・・・感涙。。
2007年03月08日 14:02
美笛です。さんへ
ん、今の美笛ちゃんが感じた『感受性』じゃろう^^
読んだ時は、意欲に溢れておったかのう^^
なかなか、攻撃性のある朗読でしたよのう^^
若さ溢れる前向きな朗読でしたん!
吾の、この語りは、まさに茨木さんへと
哀悼の思いを込めた語りでしたん
で、どっちかっつーたら、手記の方が得意じゃのう^^
この詩は、正直、色んな風にその時々で語り方も変りまする
だから、声にするのが楽しいんだけんどね^^
美笛です。
2007年03月11日 19:38
>深い詩ですなぁ・・・。
 ”自分の感受性くらい
  自分で守れ
  ばかものよ”
  ああ・・・この詩、そして弥々姐さまの語り、
  深く心に響きました。

>”非国民”・・・。ううっ。涙)
 ”自分の感受性からまちがえたんだったら間違えた、
  って言えるけれども・・・”
 一編の詩、この詩の重みを今更ながら感じ入りました。
 でも、それは、自分でも読んでみたから、余計そう感じる部分も
 多いんだと思います。
 年をとるごとに、読み継いでいきたい詩です。
 ありがとうございました。
2007年03月13日 10:19
美笛です。さんへ
多くの方が、声に出した事があるであろう、この詩
だからこそ、ジブンだけの『語り』を
会得できたら、素敵だよね^^
年を経るごとに、感受性も変る筈だよ^^

この記事へのトラックバック